044-542-6107

〒212-0058 川崎市幸区鹿島田1-8-33
はとりビル1F

鹿島田駅徒歩1分 新川崎駅徒歩3分

川崎市,心療内科,精神科新,川崎,鹿島田,武蔵小杉,ステラクリニック,地図・交通案内

適応障害

ステラクリニックのおすすめ
HOME»  適応障害

適応障害

適応障害とは、ある社会環境においてうまく適応することができず、様々な心身の症状を呈する症候群であり、職場不適応や登校拒否(不登校)などと呼ばれます。心理・社会的ストレス(環境要因)と個人的素質(個人要因)とのバランスの中で、いろいろなストレス反応(心理反応、行動反応、身体反応)が生じますが、これらは外界からの刺激に適応するための必要な反応です。ところが、ストレスが過剰な時、個人がストレスに対して弱いために、このバランスがくずれて様々な障害をきたすようになります。
適応障害の発症に関しては個人要因が大きな役割を果たしていますが、ストレスがなければこの状態は起こらなかったと考えられることが、この病気の基本的な概念です。

適応障害の症状は?

過度なストレスにより、身体面では、高血圧、胃潰瘍、心筋梗塞など、精神面ではうつ病、不安障害など、そして行動面では摂食障害(過食症)、不登校、ひきこもり、ニコチンやアルコールなどの依存があげられます。

適応障害の原因は?

ストレスが過剰な時、個人がストレスに対して脆弱なために、このバランスがくずれて様々な障害をきたすようになります。

適応障害の治療は?

適応障害の治療は、まず原因となっているストレスを軽減することが第一です。環境要因を調整し適応しやすい環境を整えることや、場合によっては休職、休学して休養し、心的エネルギーを回復することが必要です。
また、心理的葛藤に関してカウンセリングを受け、混乱した情緒面の整理をすることや社会適応へ向けての心理的援助を求めることも有効です。そして、それぞれの病型に応じて、主要な症状に対して薬物療法が必要な場合もあります。

適応障害でお悩みの方・ご家族の方へ

環境要因からの心理・社会的ストレスにより、心身のバランスをくずした時に、いろいろな症状が現れてくるので、日頃からストレスをためない、ストレス解消に心がける、適切な相談相手をもって一人でくよくよ考えないなどの一般的な注意・心がけが大切です。また、人といかに上手につき合い、その中でいかに自己実現するかという社交性を身につけることも有効です。当院では認知行動療法(認知療法)や森田療法をすすめています。また、心理カウンセラーと一緒にあなたに合う、ストレス解消方やリラックス方法を見つけるのもいいでしょう。

pagetop