044-542-6107

〒212-0058 川崎市幸区鹿島田1-8-33
はとりビル1F

鹿島田駅徒歩1分 新川崎駅徒歩3分

川崎市 心療内科 精神科 新川崎 鹿島田 うつ病 パニック障害 不眠症 【ステラクリニック】

医師のご紹介

ステラクリニックのおすすめ
HOME»  医師のご紹介

ごあいさつ

院長 塚本 利雄

院長 塚本 利雄 (つかもと としお)   56

「ステラ クリニック (心療内科・精神科)」は、平成21年、川崎市幸区鹿島田のはとりビル1Fに開院しました(3F はとり内科、2F こびき婦人科)。「JR鹿島田駅より徒歩1分」「JR新川崎駅より徒歩3分」とふたつの駅から至近距離です。

早稲田大学 第一文学部を中退後、国立 浜松医科大学を卒業、同 大学院を修了しました。学位論文のテーマは、精神科薬物療法および覚せい剤精神病(統合失調症モデル)に関するものでした。また、大学医局では精神療法として「認知行動療法」や「森田療法」を学びました。

十数年を静岡県全域および愛知県東部の「精神科病院」「総合病院精神科」「老人病院認知症病棟」「アルコール・薬物依存症専門病院」などで勤務し、「精神科急性期治療病棟」や「認知症治療病棟」の立ち上げに関わり、三方原病院(医局長)、静岡済生会総合病院精神科(部長)を経て、平成17年より神奈川県に移り、横浜市や川崎市で、日野病院、江田記念病院、聖マリアンナ会 東横恵愛病院 (診療部長)、ヒルサイド クリニック(心療内科・精神科、雇われ院長、「うつ病復職支援デイケア」の立ち上げ)を経て今日に至りました。振り返ってみますと、心療内科や精神科のほとんどの領域の臨床(診療)を経験してきました

開業前に「海外留学」できなかったのが何とも残念ですが、学生時代に、「欧米、中東およびインドをバッグパッカーで一人旅」しました。イラク航空を利用したときは湾岸戦争で帰国が遅れ、あやうく留年しかけました。

心療内科や精神科の領域は、「情報化社会」が本格的になり、世の中の変化のスピードが急速になったことや、極端な「自由・平等主義」などで、「今までの常識が通用しない時代」となったため、うつ病をはじめ、さまざまな精神疾患が急増しています。家庭や職場での人間関係のストレスも深刻です。この地にクリニックを開業したからには、「川崎市に骨をうずめる覚悟」で、誠心誠意、「地域のメンタルヘルス」に貢献していきたいと考えております。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

経歴

  • 早稲田大学 第一文学部 中退
  • 国立 浜松医科大学 卒業
  • 同大 大学院 修了
  • 三方原病院 精神科 (医局長)
  • 静岡済生会総合病院 精神科 (部長)
  • 日野病院 精神科
  • 江田記念病院 心療内科・精神科
  • 聖マリアンナ会 東横恵愛病院 精神科 (診療部長)
  • 医療法人FLATS ヒルサイドクリニック 心療内科・精神科 (雇われ院長)
  • 平成21年9月 ステラ クリニック 心療内科・精神科 開業 (院長) 現在にいたる
  • 平成27年4月 聖学院大学 人間福祉学部 非常勤講師 兼任

専門医・認定医・所属学会

  • 「医学博士」
  • 「精神保健指定医」
  • 日本精神神経学会 正会員、「精神科専門医」
  • 日本医師会 正会員、認定「産業医」
  • うつ病リワーク研究会 正会員

【趣味】

「映画・オペラ・歌舞伎鑑賞」や「野球・ラグビー観戦」など多彩、自分でやるのは「テニス」が最高

【特技】

空手(黒帯)、弓道(弐段)・・・武道系が得意

【好きな言葉】

「一生涯を貫(つらぬ)く仕事」、「あるがままに生きる」

【最近のトピックス】
平成27年2月 日本テレビ 「スッキリ!!」 に ビデオ出演、テーマは 「帰宅恐怖症」
 

専門とする疾患など

うつ病
老人性うつ病・躁うつ病・月経前症候群・産後うつ病・更年期うつ病・未熟型うつ病・新型うつ病・ディスチミア親和型うつ病・非定型うつ病
睡眠障害(不眠症)
入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟睡障害・睡眠と覚醒リズムの障害・むずむず脚障害・精神生理性不眠(神経症性不眠)
パニック障害
 
総合失調症
 
pagetop